お客様作 思い出の一句

お客様作 思い出の一句

思い出を詩に込めて

豊洋荘では客室に俳句セットをご準備しています。目の前に広がる有明海や、青空・夜空などの景色を楽しみながら、また料理やお風呂で感じた事などを、5・7・5の17文字にのせて詠まれてみてはいかがでしょうか?

頂いた句の中から、大将の独断と偏見(独自のセンス♪)でおすすめの句を選ばせて頂きます。また、豊洋荘の館内にも飾らせていただいております。旅の記念や思い出に、ぜひ一句お楽しみください。

大将おすすめの句

冬波や 太良の落日 火線投げ

草舎様作

コメント

冬の寒い日に、沈んでゆく太陽の光が雲の間から投げ込まれている情景を謳った句だそうです。お客様のお父様作の句をお持ち込みいただきました。たいへん素晴らしい作品をお寄せいただきありがとうございます。

 

 

大将おすすめの句

海眺め 心の波も 穏やかに

MICHIO様作

コメント

これぞ、これこそ豊洋荘が目標とするところです。毎日の、いつもの生活にちょっと疲れたなぁ、癒されたいなぁ、そんなとき豊洋荘に来たら心の波が静まった。そんな場所でありたいと常日頃から思っております。こんなに嬉しい作品はありません。また高波になりそうなときはぜひぜひお越しください。ありがとうございます。

にかにが選ぶ今月の二席

 

冬の月 湯面すくい 閉じ込める

2018年新春にお泊りのお客様作

コメント

情景が浮かぶ素敵な作品ですね。夜空に光るお月様も十方空のお湯に映りこみ、まるで独り占めしながらの入浴タイム。ぜひまた十方空をご利用ください。お待ちしております。

にかにが選ぶ今月の三席

 

冬の蟹 囲む宴席 言葉なし

靖子様作

コメント

こちらも情景が目に浮かびます!!蟹を前にしては、皆もくもくと蟹を堪能。+まさに言葉もいらないくらいの味、ということでよろしいでしょうか??ありがとうございます!!

にかにが選ぶ今月の次選

このざしき ふわふわしてて きもちいな

宮崎果音様作

コメント

かわいいお客様からの可愛らしい作品です。リニューアルした客室の、畳のふわふわ加減を気に入って頂けたのですね!ありがとうございます!ぜひまたお越しくださいませ!!

 

 

今月のにかにのひとこと(2018.02.24)

今月も素敵な作品をありがとうございます。季節がら「元旦」や「初日の出」をモチーフにした句も多かったのですが、にかにの独断と偏見でにかに好みの作品をご紹介させて頂きました。読んでいて嬉しくなる作品をたくさん頂きありがとうございます。来月も楽しみにしております!!

これまでに詠んでいただいた句

本当はもっとたくさんの作品を頂いておりますが、
まだまだ全句ご紹介できておりません。日々更新致しますのでお楽しみに!
豊洋荘で句を詠んでいただいたお客様!あなたの句もきっと出て参ります。

 

最終更新2018.03.24
☆NEW☆2018年春の句を見る☆最新☆
2017年末〜2018新春の句を見る
2017年夏〜初秋の句を見る
2017年 新冬〜春の句を見る
2016年 秋〜冬の句を見る
2016年 夏の句を見る
2016年 春〜初夏の句を見る
2016年 新春の句を見る
2015年 秋~冬の句を見る
2015年 春~夏の句を見る
2014年 春~夏の句を見る
2014年新春&早春の句を見る
2013年秋~冬の句を見る
2013年夏の句を見る
2013年春~初夏の句を見る
2012年秋の句を見る
2012年8月の句を見る
2012年6~7月頃の句を見る
2012年5月頃の句を見る
2012年3~4月頃の句を見る
2011年12月~2012年の句を見る
2011年秋の句を見る
それ以前の句を見る

種田山頭火と太良

1925年(大正15年)寺を出て雲水姿で西日本を中心に旅し句作を行い、旅先から「層雲」に投稿を続けた戦前の日本の俳人:種田山頭火(たねださんとうか)。
旅の途中、なんと!ここ太良でも句を詠んでいたのです。
山頭火も認めた、太良の景色の良さ、水の美しさ。太良に住む者として、こんなに嬉しいことはありません。ぜひ、山頭火と同じ足取りで旅されてみてはいかがですか?
(以下一部抜粋)

種田山頭火 行乞記(二)より

二月廿六日 晴曇定めなくして雪ふる、湯江、桜屋(三〇・上)

だいぶ歩いたが竹崎までは歩けなかつた、一杯飲んだら空、空、空!

酢牡蠣で一杯、しんじつうまい酒だつた!
夢の中でさへ私はコセ/\してゐる、ほんたうにコセ/\したくないものだ。



二月廿七日 風雪、行程七里、多良(佐賀県)、布袋屋(三〇・中)

キチガイ日和だつた、照つたり降つたり、雪、雨、風。……
第二十二番の竹崎観音(平井坊)へ参拝。
今日はお天気が悪くて道は悪かつたけれど、風景はよかつた、山も海も、そして人も。 此宿はよい、まぐれあたりのよさだつた。

ここに住みたい水をのむ



二月廿八日 晴、曇、雪、風、行程五里、鹿島町、まるや(三〇・中)

毎日シケる、けふも雪中行乞、つらいことはつらいけれど張合があつて、かへつてよろしい。 浜町行乞、悪路日本一といつてはいひすぎるだらうが、めづらしいぬかるみである、店鋪の戸は泥だらけ、通行人も泥だらけになる、
地下足袋のゴムがだんぶり泥の中へはまりこむのだからやりきれない。
同時に、此地方は造酒屋の多いことも多い、したがつて酒は安い、我党の土地だ。

句会の皆様へ 四季折々の豊洋荘

豊洋荘は目の前に有明海、後ろには連峰太良岳、露天風呂からは星空を貸し切り出来る自然豊かな場所にあり、磯の香りと波の音、上空からは鳶の声など「五感で楽しめる宿」である事がちょっと自慢でもあります。ぜひ、太良町豊洋荘で一句詠まれてみてはいかがでしょうか?句会の皆様向けの特別プランを企画致しました!
“俳句・短歌を詠もうプラン”でお越しのお客様には竹崎城はじめ、太良町の自然豊かな名所へご案内させて頂きます。(ご案内は平日限定)
お問い合わせをお待ちしております。
豊洋荘 TEL 0954-68-3545

ご予約・空室検索

【宿泊日】

【お部屋タイプ】

プラン一覧


お電話でのご予約

  • お客様作 思い出の一句
  • 観光案内
  • お問い合わせ