旅館 豊洋荘 *星降る露天とかにまぶし*

2016年の句


春の句

露天風呂 満天満点 五つ星

ほっぺたが ゆるみっぱなし 蟹づくし

未央様

満天の 星降る中で 春待つ湯

星の下 蟹とお酒を もう一杯

好子様

冬の海 朝日にそまる 有明の宿

星3つ 期待し空には 冬銀河

千鶴様

いその香に さそわれ訪ねし 懐し宿

恵一朗様

雪予報 寒の雨見し 春思う

光様

かに煎餅 袋むいたら 何なのさ


春~初夏の句

いい湯だな 体も心も カニ色に

木下様

翔ぶ鳥と 眺める有明 金の凪

貴子様

我が心 蟹身のごとく ほぐれゆく

真一様

宿の夜 火照ったからだは 太良の蟹

彼氏が夏までにできますように

春愁の 旅情くすぐる 宿明り

貴人様

有明に 美味を見つけた つばくらめ

旅ごころ 満たして余る 蟹料理

有明の 海と蟹から 祝われて

湯と酒で 心も体も カニ色に


夏の句

十方空 目を凝らせば はくちょうざ

潮の香が 行きかう人を 包み込む

夏の夜に 湯舟に浮かぶ 笑顔かな

有明の 萌ゆる想いは この宿で

潮風に 心躍らせ 太良の海

ともみ様

ありあけの 二重(ふたえ)の虹に 願いごと

有明の 海のよどみの中に 魚の幸を見る

河本様

九十翁 子に支えられ 蟹の旅

社会疲労 大海原へ 放り投げ

洋史様

豊洋荘 星降る露天に 入ったよ

海の中 魚やかにを とって食う


秋〜冬の句

十方空 夫婦で初の 流れ星

学様

旅の空 星に誘われ 二人風呂

目に青葉 山ほととぎす 口にカニ!!

マサ子様

ひとすじの 海をてらすか 雲の糸

豊洋荘 かにと星とで 癒される

有明の 海を見渡し 美人の湯

冬の夜に 浮かぶは白き 舟のかげ

暗闇に 帆の白き舟 波の音

海の果て 水平線の 円さかな

怜様

ろてんぶろ ふろもけしきも さいこうだ

カニ喰えば 太良の恵の HOYOSO

カニ食べて お風呂入って ゴロ寝して

如雲様

平らなる 海にのったり 初日の出

ムツゴロウ つきのかがやき みてるかな

順子様

年越に カニを食べつつ 日々感謝

順子様

年の瀬に ともにいただく カニ御前

順子様

年の瀬に 湯につかりつつ 母想う

学様

秋の空 星に誘われ 二人風呂