旅館 豊洋荘 *星降る露天とかにまぶし*

2019年夏〜秋の句


寄せ返す 汐の音ゆかし 夏の朝

賢史様

一番星 時忘れた時 星が降る

夢舟様

湯舟より 沖の灯火 青葉潮

蟹食べて 君と微笑む 蝉時雨

蟹食べて 最初が幸せ 殻残る

まちこ様

スナメリの 背中もほんの 少しだけ

隆志様

湯上りに 有明の風 頬伝ふ

白浪に 魚が跳ねる 秋の海

すみれ様

カニまぶし 食べたか色々 美味しいな

ひとし様

防波堤 子猫もいたね 防波堤

すみれ様

ごちそうと 星散策と おもてなし

美和子様

八十路坂 カニと競争 百歳まで

織様

秋風と 五感を満たし 宿を出る

景色より 味が人呼ぶ 今日の宿

真様

あぁたのし 蟹と今宵と 旅歩き

哲様

穏やかに 竹崎ガニで 心満つ

美代子様

朝おきて なんとしあわせ かんじたよ

美味しい料理ありがとうございます

元気チャージ様

思ひやりに 心ふるへる 星の宿

宿の皆に 感謝あふるる 蟹の宿

満月や 好みの色に 染めたきし

有明に 狼煙ながれて 秋霞

新年号 孫々と旅 有明の

人生の 定年向かえ 自画自賛

八重様

梅雨空や 紫陽花膳に 星六つ

名月も 波間に千々と 砕けけり

灯台も 月の灯りも 街の灯も 波間ただよう 虹となり

星月夜 縦横無尽 豊洋荘

満点の 星降る夜に 秋の風

本当はもっとたくさんの作品を頂いておりますが、
まだまだ全句ご紹介できておりません。日々更新致しますのでお楽しみに!
豊洋荘で句を詠んでいただいたお客様!あなたの句もきっと出て参ります。